美容の豆知識

バリア機能強化とは?

こんにちは!


岡山市北区問屋町にある

乾燥改善専門サロンURU問屋町の大橋です🌷




美容の話をしているとよく聞く
バリア機能」。


私もよく使います!

「バリア機能を強化して、
美肌を目指しましょうね〜」


…ん?このバリア機能のこと
皆さん理解してるのかな?🤔
とふと思い、ブログにしました!

バリア機能とは?

バリア機能」とは、
皮膚の一番上の「表皮」の最上層である
「角層」が持っている機能のことです。

この「バリア機能」があることで、
体内の水分蒸発を防いだり、
外部からの大気汚染や異物の侵入を防いだりして、
肌の健康や美しい状態を保っています。

0.02mm程の角層の「バリア機能」ですが、
肌にとってはとても重要な役割をしています。

簡単にいうと、
肌が滑らかで、化粧ノリもいい、ツルツル❤️
と感じる時ってありますよね??

その時は「バリア機能」が良好な状態です!

反対に、
肌がカサカサ、ゴワゴワ、ずっと乾燥している💔

こんな状態の時は、
バリア機能が低下している状態となります。

大事な3つの成分

バリア機能を保つためには、
大きく分けて3つのうるおい成分が重要となります。

この成分は肌が元から持っている成分です!

1つずつ説明していきます✨

①皮脂膜

皮脂膜は角層の表面を覆っている
天然の保護膜です!

皮脂(油)と汗(水)が
混ざり合ってできています。

どちらかの分泌が偏っていると、
油っぽい肌になったり
カサカサの肌になっらりします。

②NMF(天然保湿因子)

NMFとは、

・Natural ナチュラル
・Moisturizing モイスチュアライジング
・Factor ファクター

の略です。

天然の保湿因子でるアミノ酸類、
乳酸、尿素、クエン酸などの総称です!

肌の水溶性のうるおい成分です✨

化粧水などから与えられた
水分を蓄える役目をしています!

③細胞間脂質

細胞間脂質は角層と角層の間にある
セラミド、コレステロール、脂肪酸などの
総称です。

約50%はセラミドになります。

角層と角層の間を埋め、
セメントのように繋ぎ止めているのが
細胞間脂質です。

角層の水分が奪われないようにしてくれる
油溶性のうるおい成分になります!

お手入れポイント

バリア機能を正常に保つには、
まず自分の油分・水分を取りすぎないこと



熱いお湯で洗顔したり、
クレンジングのしすぎ、
洗顔の力加減などで
肌の潤いを失ってしまいます💦



洗顔は常温くらいの温度!
クレンジングは1分程度で!
洗顔はしっかり泡立てて優しく!


この基本をまず徹底しましょう💓


これだけでもお肌かなり変わります!





あとは化粧水で水分を補給する

乳液で水分と油分のバランスを整える

クリームで蓋をする


この3つの基礎がきちんとできていれば
バリア機能は保つことができます✨





0.02mmの角層を大切に扱って
肌を守っていきましょう🤗