UA-140301659-3
美容の豆知識

肌の敵 TOP5!外的要因編

前回のブログでは、内的要因を紹介しました✨
肌の敵TOP5!内的要因編

続いて、今回は外的要因を紹介していきます!

第5位 間違ったスキンケア

お手入れ不足&間違ったケアは肌を痛める可能性があります!

肌のためと思ってお手入れしていても、
少し間違えるだけで逆効果になります。


洗顔ひとつをとっても、
●メイクや汚れはきちんと落とせているか
●洗顔料の量は正しいか
●熱いお湯で洗っていないか
●タオルでゴシゴシ拭いていないか
など、きちんとできていないとトラブルの原因になります。


水分不足も、油分不足も、どちらも乾燥の原因になりますし、
UVケアをしないのももちろんNGです。

血行促進のための半身浴中でも、そのまま長時間浸かっていると肌は乾燥します💦

また、マッサージグッズの使いすぎもたるみの原因になります。

などなど、きちんとした肌にのケアのためには
きちんとした知識が必要になります。


自分のお肌と向き合って、自分のお肌に合った
正しいケアを心がけましょう!

第4位 大気汚染

排気ガスや花粉、黄砂、PM2.5などの大気汚染。

肌に触れるとアレルギー反応を起こすことがあり、
炎症が起きてバリア機能が弱まります。

その結果、赤みが出たりヒリヒリしたりすることもあります。

さらに、そういった炎症を鎮めるために免疫機能が使われ、
本来の健やかな肌を保つために使われなくなります。


また、大気汚染は体内にも入りこんで炎症を起こし、
その対応に免疫力や栄養が持っていかれるため、
肌に栄養が回らず、「なんとなく不調」な状態になりがちです💦


大気汚染による炎症を起こしにくくするスキンケアやベースメイクもあるので、
時期によって使い分けてみるのも良いですね✨


URUで取り扱っている、FAITH化粧品さんのメイクベースは
UVカット・ブルーライトカット・大気汚染カット
までしてくれる優れものです❤️

↓こちらのブログもご覧ください😊
メイクベース【FAITH化粧品】

第3位 乾燥

肌の表面は角質細胞や細胞間脂質によって埋められています。

これを肌の「バリア機能」と言います。

しかし、乾燥するとその埋められたところに
隙間ができて外的刺激が侵入しやすくなります。

つまりバリア機能が低下するのです。


バリア機能の低下は、
●紫外線の影響を受けやすくなる
●細菌やウイルスが肌の中に入り込んで炎症を起こす
●水分キープ力が弱まり、より乾燥する
などの症状を起こします。


肌の柔らかさも失ってしまうので、
シワゴワつき吹き出物くすみの原因にもなります。

第2位 タバコ

タバコの煙の害は、副流煙の方が危険です!!
副流煙は大量の有害物質を含んでいます。


肌副流煙はの大敵である活性酸素を発生させます。

 

そして、活性酸素を除外しようとして
ビタミンCなどの肌のとって必要な抗酸化成分を使ってしまいます。

すると、健康な肌を作るための栄養が足りなくなってしまいます💦


副流煙に含まれるニコチンは血管を収縮させ、
血液の運搬能力を低下させます。

その結果、肌の細胞に十分に栄養が届きにくい状態になります。


新しい細胞を作ることも、ダメージを修復させることもできなくなり、
老化が進んでしまいます😱

タバコは「百害あって一利なし」です⚠️

第1位 紫外線

外的要因ダントツの1位は紫外線です!!

老化の8割は紫外線によるものと言われています。


紫外線を浴びると、細胞のDNAが傷つけられます。

人間の体はDNAによって傷つけられても、
睡眠中に修復する機能を持っています!


しかし!!
加齢や紫外線の浴びすぎ、睡眠不足などの影響で、
この修復する働きが追いつかなくなり、トラブルに繋がってしまいます。


また、乾燥が進んでバリア機能が低下すると、
紫外線からDNAを守ろうとしてメラニンの生成量が増えます。

これはシミやくすみの原因になります。


さらに、紫外線が真皮に到達すると、
コラーゲンやエラスチンなどが破壊されます。

これはシワやたるみの原因になります。


全てのトラブルの原因になると言っても過言ではない紫外線!

紫外線量の多い夏場だけではなく、
1年中対策することが美肌への近道です❤️