美容の豆知識

夏の乾燥に気をつけよう!

こんにちは!

乾燥改善専門フェイシャルエステサロン
URU問屋町の大橋です😄



夏が近づいてきましたね🌞


夏といえば、紫外線・汗や皮脂が気になりますよね💧


さっぱりとしたスキンケアを使いたくなる季節ですが、
自分の肌状態をきちんと把握しておかないと
気づいたら乾燥している方がたくさんいらっしゃいます。


近年は冬より夏の方が肌にとって過酷とも言われています。


乾燥してしまう原因を把握して、
その時々にあったケアをしましょう!

夏の乾燥要因とは?

①紫外線
過度の紫外線を浴びてしまうと、
肌は潤いを保つことが難しくなってしまいます。


紫外線を浴びることで、肌は角質を溜め込んで
自らを守ろうとします。


その結果、角質が分厚くなってしまい、
化粧水などが浸透しにくくなり乾燥が進んでしまいます。




②汗によるうるおい流出
人間は暑いと汗をかいて体を冷やそうとします。


大量の汗は肌に必要なうるおいも共に流してしまいます。


漬物を想像するとわかりやすいのですが、
水分が抜けたあとはカラカラシワシワになってしまいますよね💦


肌も同じように、乾燥やごわつきを感じやすくなります。




③さっぱりとしたスキンケア
夏はベタベタするから、乳液やクリームを避けていませんか?


化粧水などで水分をしっかり入れたあとは、
しっかりと保湿をするように心がけましょう!




④冷房や冷たい食べ物
夏は冷房の効いた部屋で過ごすことが多いので、
湿度の低さから肌は乾燥しやすくなってしまいます。


また、体の冷えの原因ともなってしまいます。


さらに冷たいものを食べることで
芯から体を冷やしてしまいます🧊


血行不良は乾燥の大きな原因です。

 

夏の乾燥に効果的なケア

まず基本的なスキンケアをきちんとすることは
夏に限らず肌にとって大切です!



化粧水だけで終わらせず、乳液やクリームで蓋をしましょう

夏の体は思った以上に冷えています。


毎日数分でも良いので、湯船に浸かりましょう😊


温まることで血流が良くなるだけでなく、
夏バテの防止にもなります!



日焼けの後のデリケートになってしまった肌には、
できるだけ優しいケアをしましょう!


もし赤くなるほど焼けてしまったら、
軽いやけど状態なので、まずは熱が引くまで
アイシングで冷やしましょう🧊


炎症が治ってから、たっぷり保湿を!


これからくる夏こそ乾燥対策を見直して、
うるうるな肌で過ごしましょうね❤️